ブラインドマラソンのお誘い


 昨年の11月に、県内外から1万人を超えるランナーが参加して「金沢マラソン」が開催され、20名ほどの視覚障害者のランナーがフルマラソンを走りました(うち、県内出身者2名は見事完走)。

 現在、当協会内でもブラインドランナー2名と伴走者2名で「金沢市営グランド」や「木場潟」等で練習会を行っていますが、これをさらに一歩進めて、視覚障害がある方で、走ることを希望する方の受け皿として同好会を結成することになりました。

 伴走者の確保等、会の活動に当たっては充実させていかなければならないことが多々ありますが、一歩ずつ進めて参りたいと思っています。

 今回、ブラインドマラソンのランナーとして活躍しておられる吉田登輝夫さんにお誘いの文章を書いていただきました。


「ブラインドマラソンをやってみませんか」
                               小松市  吉田 登輝夫


 世の中は空前の健康ブームで、老若男女問わず、体を動かすことに関心を持っている人がますます増えているようです。また、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、障害者の中にもそれに向けてがんばっている選手たちがたくさんいます。 ただ、障害者について言えば、体を動かすことには興味があっても、なかなか第一歩が踏み出せないでいる方も多いのではないでしょうか。

 私は、幸いのこと、23年前にブラインドマラソンという素晴らしいスポーツに出会うことができました。「盲人がマラソン大会なんかに参加できるのかいな」。私も当時はそう思っていました。でもその頃偶然見たテレビ番組で、盲人が伴走者と1本のロープで手をつなぎ、共に楽しく走っているではありませんか。なるほど、伴走者さえいれば、我々盲人でも走ることができるのだとその時確信しました。

 私は、もともとスポーツが好きで、高校、大学とテニスをやっていましたが、眼を悪くしてからはほとんどスポーツには縁がありませんでした。40歳を過ぎて、子育ても一段落して、少しお腹も出てきてなにか運動をやりたいなぁと思っていた矢先の出会いでした。とは言っても、石川県にはブラインドマラソンのグループはなく、たまたま、隣の福井県に発足したばかりの「福井楽障クラブ」に、伴走者のネットワークがあるということを聞きました。すぐに、そのクラブの会長さんに電話して入会させてもらいました。それが私のブラインドランナーとしてのスタートでした。それ以来ずっと、ランニングは私の生活の一部となり、人生の潤滑油となっています。

 ブラインドマラソンといっても、もちろんフルマラソンだけのことではありません。むしろ一般的な市民マラソンは、3km、5km、10km、ハーフマラソンなどの色々な種目があってそれらをすべて含めて市民マラソン、あるいはブラインドマラソンと呼んでいます。最近は、その中にウォーキングの部を取り入れている大会もあるようです。 20年くらい前は、「盲人は危ないから参加を遠慮してほしい」、「みんなの迷惑にならないように最後尾からのスタートなら参加してもいい」という大会もありましたが、今では、JBMA(日本ブラインドマラソン協会)などの努力により、全国の市民マラソン大会で、視覚障害を理由にして参加を拒否されることはほとんどありません。むしろ、障害者優先出場枠、あるいはスタート時に優先的に専用レーンを設置していただける大会も出てきております。

 視覚障害者のスポーツは他にも色々あります。それぞれに愛好者がおり、親しんでいると思います。その中でも私が、ブラインドマラソンがいいと思うのは、まず、特別な道具が必要なく、ルールも簡単で、気軽に取り掛かれるということです。そして、伴走者さえ確保できれば、一般の市民マラソンに健常者と同じルールで、そして同じ舞台に参加することができるという魅力でしょうか。 さらに、そこには障害者、健常者の枠を超えた多くの出会いもあります。そして、同じ趣味を共有しているゆえの友情も芽生えます。時には我々が懸命に走っている姿を見て、感動を覚えてくれる人たちもいるようです。

 障害者というのは残念ながら、どうしてもお世話されることが多いのが現実です。ただ、こうして積極的に健常者の中に入っていき、がんばったり、時には失敗したりの姿を見せることが障害者の現実を知ってもらうひとつの形のような気もします。

 良いことばかり述べましたが、問題点もあります。それは伴走者の不足に尽きます。今後は、ブラインドマラソンの底辺を広げていくと同時に、この伴走者の輪を広げていく必要があります。

 ちょっと走ってみたいなぁと思われた方、あるいは質問などあれば協会までお問い合わせください。

 下記に盲人マラソンに関するURLを付記します。ご興味のある方はどうぞ。

 ・日本盲人マラソン協会(JBMA)
 http://jbma.or.jp/

 ・「伴走」どっとコム
 http://www.banso.com/

お問い合わせ


石川県視覚障害者協会
電話 076−222−8781
 
情文トップへ戻る