読書会のお知らせ

 今年度の読書会は「脚本家・橋本忍の世界」をテーマに行います。
皆さまのご参加をお待ちしております。

日程・詳細

日程 平成30年2月4日(日)
    9時30分〜12時 シネマ・デイジー「砂の器」鑑賞
    12時〜13時 昼食休憩
    13時〜15時 講演・質疑応答
    15時〜15時30分 感想

場所 石川県視覚障害者情報文化センター 3階交流室


講師・著者紹介
 村井 淳志(教育学者 金沢大学教授)
 金沢大学人間社会研究域 学校教育系人間社会研究域学校教育系長
 専門は歴史教育・社会科教育論

テキスト 村井 淳志著『脚本家・橋本忍の世界』 集英社 平成17年出版

 戦後日本でもっとも偉大な脚本家は誰かと問われたとき、それが橋本忍であると断言しても異論はないだろう。「七人の侍」、「羅生門」、「真昼の暗黒」、「私は貝になりたい」、「切腹」、「白い巨塔」、「日本のいちばん長い日」、「八甲田山」、「砂の器」など、これらの作品は映画史に燦然と輝く傑作であると同時に、上映自体がある種の社会的事件でもあった。
 橋本忍本人へのインタビューをふんだんに盛り込みながら、当時の社会や人々の意識に大きなインパクトを与えた作品群の魅力に迫る、映画ファン必読の一冊である。

 点字、カセットテープ、デイジーのうちご希望のものを貸し出します。当日までにお読みください。
 定員 約50名
 参加費 無料
 ※午前・午後をまたぎますので、お手数ですが昼食を各自でご用意ください。

お申込み

お問い合わせ・お申し込み先
 石川県視覚障害者協会 電話 076−222−8781
締め切り 平成30年1月26日(金)

情文トップへ戻る