協会だより NO.31




 新年度を迎えて
 石川県視覚障害者協会 理事長 米島芳文


 春の訪れとともに、桜の花が咲き、心も温かくなり、何か良いことに巡り合えそうな季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。今年の冬は、積雪80cmを超える大変厳しい冬となりました。石川県視覚障害者情報文化センターも2日間休館とさせていただき、皆様には大変ご迷惑とご心配をおかけしました。この場をお借りしてお詫び申し上げます。
 昨年度は社会福祉法人制度改革に伴い、本協会も評議員会を決議機関として新たな体制でスタートし、1年が経過しました。また、石川県視覚障害者情報文化センターが平成9年に建設され、20周年を迎え、6月には第66回石川県視覚障害者福祉文化大会と石川県視覚障害者情報文化センター20周年記念式典を金沢市文教会館で開催することができました。これも、皆様のご支援ご協力の賜であり、心より感謝申し上げます。さらに8月には同じくセンター20周年記念のバリアフリー映画上映会も開催でき、大きな節目の年となりました。
 今年は、昨年に引き続き、石川県視覚障害者情報文化センターの照明機器LED化改修工事も行います。工事期間中は皆様にご不便をお掛けすることとなりますので宜しくお願いいたします。
 今年度は、職員の異動はなく、これまでと同様、役職員一同様々な事業に取り組んで参ります。皆様のご協力を引き続き賜りますようお願い申し上げ、新年度のご挨拶とさせていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

 平成30年度主な行事予定(各部別)


 平成30年度石川県視覚障害者協会関係行事予定です。変更や追加などがある場合もありますので、協会からの郵便およびメールをご確認くださるようお願いします。
 総務部【担当:柳・後石原】
 1.第67回石川県視覚障害者福祉文化小松大会  6月24日(日) こまつ芸術劇場うらら
 2.日盲連北信越ブロック大会 11月24日(土)・25日(日) 新潟県
 3.第70回全国盲人福祉大会 6月12日(火)〜14日(木) 東京都
 4.第64回石川県身体障害者福祉大会  11月11日(日) 穴水町
 5.石川県障害者ふれあいフェスティバル  9月30日(日) 石川県産業展示館
 6.交流バス旅行 5月12日(土) 富山県

 福祉部【担当:米田】
 1.第20回情文フェスタ 12月9日(日)
 2.読書会 平成31年2月
 3.各種ボランティア養成研修・現任研修

 文化部【担当:金田】
 1.新春カラオケ懇親会 平成31年1月
 2.音声ガイド付きDVD鑑賞会 年3回

 厚生部【担当:村野】
 1.第18回全国障害者スポーツ大会グランドソフトボール北信越地区予選会兼第45回北信越グランドソフトボール大会 6月9日(土)・10日(日) 福井県永平寺町
 2.第29回石川県視覚障害者協会理事長杯争奪サウンドテーブルテニス大会  平成31年3月下旬 金沢市むつみ体育館
 3.第27回北信越ブロック視覚障害者サウンドテーブルテニス大会 10月20日(土)・21日(日) 金沢市
 4.第18回石川県障害者スポーツ大会  5月27日(日) 石川県総合スポーツセンター

 青年部【担当:小坂】
 1.第64回全国盲青年研修奈良大会  9月16日(日)・17日(月) 奈良県
 2.誘導ブロック設置理解啓発街頭活動 平成31年3月
 3.青年部交流会 平成31年3月

 女性部【担当:弥村】
 1.日盲連全国盲女性研修大会 8月31日(金)〜9月2日(日) 島根県
 2.女性部交流会 10月7日(日)

 平成29年度読書会を終えて


 2月4日(日)、23名の参加のもと、「脚本家・橋本忍の世界」をテーマに、関連書籍の講読・講義を行いました。
 金沢市在住の村井淳志氏(金沢大学人間社会研究域 学校教育系、人間社会研究域学校教育系長)の著書『脚本家・橋本忍の世界』をテキストとしてあらかじめ読んだうえで、午前中は橋本忍氏が脚本を書いた映画「砂の器」のシネマデイジーを観賞しました。午後からは、その体験を通して著書や橋本忍氏への理解を深めるため、村井氏を講師に迎え、映画と社会認識についての講演会を実施しました。
 読書普及事業の成果を生かし、得た知識をもとに著者の話を直接聞くことにより作品への理解を深め、単なる読書に終わらせずより一歩進んだ活動体験となりました。講演会の参加者からは次のような感想がありました。
 ・シネマデイジーを初めて鑑賞した。昔、見えていた頃に映画を見に行ったことを思い出した。
 ・視覚障害でも映画を楽しめるようになって嬉しい。
 ・本の著者本人からお話が聞けるという貴重な機会で、講義もわかりやすく、先生の他の本や他のシネマデイジーも読みたいと思った。
 来年度も読書会を引き続き開催しますので、要望等がありましたら係までお知らせください。


 「点字ブロックの日」啓発活動を行いました


 恒例の点字ブロック啓発のためのティッシュ配布を3月4日(日)に行いました。昨年同様、金沢駅で兼六園口と金沢港口に分かれて実施しました。育友会が主催ですが、石川県視覚障害者協会、金沢市視覚障害者協会が共催で、参天製薬株式会社、金沢西ライオンズクラブ、内灘町Eye愛の会からも例年通りご協力いただきました。
 今回も、昨年度に引き続き、埼玉県立視覚支援学校塙保己一学園より白杖の妖精「つえぽん」をお借りしました。また、本校児童生徒、保護者、先生方の皆さんのたくさんの参加もあり、点字ブロックの大切さをアピールする良い機会となりました。ご協力ありがとうございました。(石川県立盲学校)

 石川県視覚障害者協会からは、金沢支部や小松支部・羽咋支部・白山支部からのみなさんをはじめ計22名が参加し、おそろいの青色のベスト(右胸に白地で“盲人のための国際シンボルマーク”、その下に“ISHIKAWA”の文字が入っています)と白杖を身につけて参加しました。
 当日は、全体で約90名の参加のもと、金沢駅構内5か所に分かれて、啓発ティッシュ3千個とパンフレット千枚を旅行者や県民のみなさんに配布しました。1時間ほどでティッシュ等が配り終わり、最後に参加者全員で写真撮影をして終了しました。

 第28回STT理事長杯を終えて
 石川県視覚障害者サウンドテーブルテニスクラブ部長 田辺英雄


 さる3月21日(春分の日)金沢市駅西むつみ体育館で、平成29年度最後の大会である第28回石川県視覚障害者理事長杯争奪サウンドテーブルテニス大会が開催されました。
 石川県各地から参加選手15名・審判ならびに役員15名が集まり、そしてスポーツドクターの先生にも参加していただき、選手一同安心してプレーすることができました。
 開会式では前年度優勝者から優勝杯が返還され、米島理事長の挨拶がありました。そして、グループをA・B・Cの3つにわけ、審判長のラブオールプレーで熱戦が始まりました。
 今回の大会には県立盲学校の生徒2名の参加あり、初めての参加ありで、若い方の活躍が目立ちました。
 平成30年10月20日・21日には、第27回北信越ブロックSTT大会が地元金沢で開催されます。前回大会以上に素晴らしい成績を目標に、クラブ員一同、審判員とともに練習し、石川県の強さを見せる絶好のチャンスだと思っています。この大会を盛り上げるためにも若い方の参加と入部を心よりお待ちしています。

 図書館よりお知らせ

 1.平成29年9月〜30年3月の完成図書
 石川県視覚障害者情報文化センターでは、「石川県点訳友の会」、「いしかわ音訳の会」のご協力のもと、点字図書・録音図書を製作し、全国の視覚に障害のある方に読んでいただいています。9月から3月に製作された図書一覧を掲載いたしますので、皆様ぜひお読みください。
 点字図書
 『ブラック彼氏―恋愛と結婚で失敗しない50のポイント』  堀井亜生著 全3巻
 『愛蔵版「愛情説法」走る!』  大谷徹奘著 全3巻
 『殺人犯との対話』  小野一光 全5巻
 『愛しの油揚げーおかずにつまみに簡単レシピ80』 高橋良枝著 全1巻
 『笑って長生き婆ちゃんコント 第2幕 女はいくつになっても女やの巻』 御供田幸子監修 全1巻
 『直撃本田圭佑』 木崎伸也著 全4巻
 『美しい「大和言葉」の言いまわしーさりげなく、折り目正しく「こころ」を伝える』日本の「言葉」倶楽部著 全3巻
 『脚本家・橋本忍の世界』  村井淳志著 全3巻
 『カサンドラ』  桑原水菜著 全6巻
 『ギンカムロ』  美奈川護著 全5巻
 『代筆屋中川恭次郎の奇っ怪なる冒険』  大塚英志著 全4巻
 『ドクター・ホワイト』  樹林伸著 全5巻
 『メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション』  乙一、 中田永一ほか著 全5巻
 『我ら亡きあとに津波よ来たれ 上・下』  丸山健二著 各全6巻
 『セリーナ』  ロン・ラッシュ著、峯村利哉訳 全7巻
 『ある作曲家の生涯―カレル・チャペック最後の作品』 カレル・チャペック著、田才益夫訳 全3巻

 録音図書
 『ラジオ深夜便 花が好き!自然が好き!』  聞き手 須磨佳津江 5時間2分
 『タランの白鳥』  神沢利子作 4時間22分
 『第八森の子どもたち』 エルス・ペルフロム作 10時間59分
 『人魚姫』  ハンス・クリスチャン・アンデルセン著 9時間42分
 『雪の女王』  ハンス・クリスチャン・アンデルセン著 10時間9分
 『点訳友の会創立50周年記念誌』  石川県点訳友の会 11時間28分
 『サハラを走る。』  赤坂剛史著 5時間7分
 『風のローラースケート』  安房直子著 3時間54分
 『この湖にボート禁止』  ジェフリー・トーズ著 10時間24分
 『加賀100万石に仕えることになった』  シムCM著 8時間26分
 『くまのパディントン』  マイケル・ボンド著  5時間32分
 『金沢・能登の食遺産』  岸朝子選  6時間1分
 『回想の八田與一』 北國新聞社出版局編 7時間22分

 2.図書館よりゴールデンウィークの休館に際した貸出について
 ゴールデンウィークの休館に際した貸出についてお知らせします。
 今年は4月30日(月)、5月3日(木)、4日(金)が祝日のため休館、5日(土)が定例の休館日です。連休前は図書の貸出・返却作業が立て込むことが予想され、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、皆様のご協力とご理解をいただきますようお願いいたします。連休前にお手元に図書を届けられるよう努めてまいりますが、貸出が連休明けになる可能性もありますので、ご希望の図書はお早めにお申し込みください。
 なお県外の図書館から取寄せる際には、約1週間から数週間かかる場合もありますので、連休前に借りたい図書については、お早めにお問い合わせください。また貸出タイトルの上限は通常10タイトルまでですが、連休の前後については20タイトルまで貸出いたします。
 雑誌については、貸出タイトル数上限の20タイトルには含まれませんので、ご希望のタイトル数をお送りいたします。


 3.点字雑誌のご紹介
 点字雑誌を5タイトルご紹介いたします。貸出をご希望の方は石川県視覚障害者協会の点字図書館までご連絡ください。この他にもさまざまな点字雑誌がありますので、お気軽にお問い合わせください。
 @点字毎日
 週刊。毎日新聞社発行。視覚障害者の福祉、教育、文化の向上に寄与するとともに、社会とをつなぐ懸け橋としての役割も担い続け、多くの読者に親しまれています。最新号(4月1日号)の内容は、3000点が国の重要文化財に−京都盲唖院の歴史資料−、報酬改定などを説明−厚労省の全国課長会議、首都圏の243駅にホームドア設置、他。
 Aライト&ライフ
 隔週刊。東京ヘレン・ケラー協会発行。視覚障害者に身近な生活情報を提供することにより、日常生活を向上させる目的で創刊された生活情報誌です。最新号(4月15日号)の内容は、骨折予防はぬかづけで、グッズ−楕円形の鍋、ニュースの扉−ビールの定義が変更、鼻のケア専門店、味の泉−干しアンズの菓子、他。
 B点字ジャーナル
 月刊。東京ヘレン・ケラー協会出版。視覚障害者にとっての課題や話題、あるいは問題点をえぐり、追求する、をコンセプトに、視覚障害者の世界の新しい点字メディアを目指しています。最新号(4月号)の内容は、巻頭コラム:習近平の時代錯誤、「ヘレンケラー・サリバン賞」候補者推薦のお願い、どうなる同行援護 制度施行7年の検証、大相撲、記録の裏側・ホントはどうなの!?他。
 C鍼灸の世界 豊桜(ほうおう)  月刊。桜雲会発行。医学、漢方医学、現代医学、保健医学、ニューメディアなどに関連する記事を記載しています。最新号(3月号)の内容は、生活に身近な微生物の話、肩関節の臨床鍼灸学試論、鍼灸臨床家のための新病床別処方、ツボの見方・取り方・変え方、他。

 お知らせ(2件)

1.障害者温泉療養事業の助成対象拡大について
 石川県では、平成30年度から、障害者手帳をお持ちの方が指定の温泉旅館に宿泊された場合に加え、日帰りでの利用についても助成対象とすることといたしました。日頃の疲れを癒すため、是非ご活用ください。
 対象:障害者手帳を所持している県内在住の方
 ※重度の障害をお持ちの方は、付添1名も対象になります (要助成券)。
 助成額:宿泊1回(連泊含む)につき、3,000円/人(年1回)若しくは、日帰り利用1回につき、1,000円/人(年3回)
 ※各年度(4月1日〜翌年3月31日)に利用可能です。
 指定施設:
 珠洲市 珠洲ビーチホテル
 輪島市 ホテル高州園
 志賀町 シーサイドヴィラ渤海、いこいの村能登半島、能登ロイヤルホテル
 七尾市 加賀屋、あえの風、ホテル海望、日本の宿のと楽、お宿すず花、能登の宿はまづる、国民宿舎能登小牧台
 羽咋市 休暇村能登千里浜
 金沢市 川端の湯宿滝亭
 白山市 御前荘
 小松市 露天のゆ金閣、のとや
 加賀市 ゆのくに天、葉渡莉、森の栖リゾート&スパ、湯の宿白山菖蒲亭、加賀観光ホテル、ホテル翠湖、河鹿荘ロイヤルホテル、すゞや今日楼
 お問合先:
 石川県障害保健福祉課  TEL 076−225−1426  FAX 076−225−1429
 石川県身体障害者団体連合会  TEL・FAX 076−232−8372
 各市町の障害者福祉担当課


 2.「県議会だよりいしかわ」がデイジーCDになります
 これまでカセットテープ形式で製作しておりました「県議会だよりいしかわ」が、平成30年度より音声デイジーCD形式となります。新たに配布希望の方は、石川県視覚障害者協会(電話 076−222−8781)までお問合せください。また、これまで同様のカセットテープでの配布をご希望の方も、お手数ですが、石川県視覚障害者協会までお申し付けくださるよう宜しくお願い致します。




 5月〜7月の休館日

 毎週土曜日
 5月3日(木) 憲法記念日
 5月4日(金) みどりの日
 6月24日(日) 福祉文化小松大会開催のため
 7月16日(月) 海の日


 編集後記

 プロ野球が開幕しましたね。そこまで熱心に追いかけているわけではありませんが、にぎやかな実況、毎日のスポーツニュースが心のどこか物足りなかった部分を満たしてくれます。

情文トップへ戻る