生活訓練事業

視覚障害者の社会参加をサポート

 視覚障害者を対象に、歩行訓練やパソコン訓練、点字訓練など日常生活に必要な基礎的訓練及び、視覚障害に関する相談業務を実施しています。1対1の個別指導で、費用は原則として無料です。訓練士と相談し、訓練内容や日程を決めていただきます。
※市町によっては生活訓練実施に申請が必要になることがあります。

1.歩行訓練

 手引き歩行の方法、屋内の移動の方法、白杖の持ち方・扱い方、白杖歩行の方法などを訓練することができます。

2.点字訓練

 点字の初歩から点字器の使用、点字の読みを丁寧に訓練します。点字がマスターできれば、自身の持ち物やメモなどの情報管理、公共の場での案内の利用、手紙を書いたり読書をしたりと、自立的な活動を助けます。

3.パソコン訓練

 音声化ソフトを使用して、文章作成やインターネット、メール、墨字OCR(スキャナーでの印刷物の読み取り)などのパソコン訓練をおこなっています。また、パソコン購入やソフトの選択に迷っていらっしゃるかたのために、視覚障害者用ソフトを色々お試ししてもらう事もできます。
 市販のウィンドウズパソコンに画面音声化ソフトを入れることで、格段にコミュニケーションの幅が広がります。
 インターネットを利用することで、視覚障害による情報障害の克服を助けます。また、耳から入る情報の処理能力向上を助けます。

訓練内容
・キーボードのキー配置を覚え、ブラインドタッチを習得します。
・画面音声化ソフト、それに対応したメールソフト、文書作成ソフトなどの使い方を習得します。
・メールの発信、ホームページの閲覧など、インターネットの世界での情報の発信、受信を体験してもらいます。

 訓練の要望のほか、音声ソフトの入ったパソコンを少し体験してみたい、あるいはパソコンを使用していての相談なども対応させていただきます。


その他、IT関係に限らず、お持ちの機器(当協会で取り扱っているものが中心)の使用法など、可能なかぎり対応させていただきます。ご相談ください。

4.その他 視覚障害者福祉相談会

 各市町の主催で、市役所などを会場に年1回程度開催しています。(一部の市町を除く)
更正相談(障害者福祉サービス・将来等)、視覚障害者用具(音声時計、拡大鏡等)の展示、点字図書館サービスの紹介、生活訓練の相談をおこなっています。(市町によって開催時期が異なります)
 詳細は電話でお問合せください。

情文トップへ戻る