パソコンボランティア

※平成28年8月6日(土)、7日(日)ITサポートボランティア養成講座開催します。詳細は決定次第トップページに記載します。

 インターネット等を利用して自力で直接さまざまな情報にアクセスできることに触発されて、パソコンを活用したいという視覚障害者が増加しつつあります。
 視覚障害者のパソコンの利用は、新たな文字情報へのアクセスの道を開き、自立更生と社会参加を促進します。 しかし、Windowsの画面を音に変えて操作できることには限界があります。また、スクリーンリーダー自体が同じパソコン上で動作しているソフトウエアですから、何らかの原因で正常に動作しなくなった場合、操作ができなくなります。パソコンを使うにあたり、視覚障害者は一般の人よりも多くの努力と周囲の支援が必要です。
 当協会では、パソコンの使いかた指導、トラブルに対応するためにボランティアの派遣、また、月2回パソコン教室を行っております。
 視覚障害者がパソコンを使っていて何らかの原因でパソコンが正常に動作しなくなったり、ソフトウエアの使い方が分からないときなどに、電話で「石川県障害者ITサポートセンター」へ訪問依頼がだされた場合に、当会のメンバーが2人1組を原則に依頼者宅を訪問して依頼内容を処理します。
 また、「石川県視覚障害者パソコン支援友の会」では、会員の技術向上のための活動と会員およびパソコン利用者相互間の交流を深めるための活動も行っています。


パソコンボランティア派遣

電話では対応できないサポートを必要としている視覚障害者の方の自宅に、2人1組で訪問し、パソコンのセットアップ、初期操作説明、ネットワーク接続などをサポートしていただきます。

・よろずパソコン教室

月2回、第1第3日曜日(該当日が祝日の場合は、前後どちらかの週の日曜日に変更となります)
午前10時から12時
視覚障害者情報文化センター3階パソコン室

 「よろずパソコン教室」では、Windowsの扱い方や各種ソフトウエアの操作方法など、受講者のニーズに応じてパソコン全般の相談や指導などを行います。受講者の定員は4人ですが、定員オーバーになることもあります。

 「よろずパソコン教室」では、パソコンが大好きな方のボランティア参加を求めています。また、「喋るWindowsパソコン」がどんなものか触ってみたい方も是非1度お立ち寄りください。
 月2回,2時間づつですので,とりあえず1回顔を出してみませんか?自分でもPC利用に役立つアイディアがいろいろ得られると思います!

協会主催事業、その他イベント参加

パソコンボランティアとして、協会主催の「情文フェスタ」や、「石川県ふれあいフェスティバル」といったイベントに参加しております。


お問合せは石川県視覚障害者協会パソコン担当まで(電話076-222-8781)

情文トップへ