点訳ボランティア

 「石川県点訳友の会」は1966(昭和41)年より活動を続けており、約150名の会員がいます。
 視覚障害者の文字である点字に関わるボランティア活動を行っています。おもに、出版されている書籍や雑誌、身の回りの文字情報(各種パンフレット、電化製品等の取扱説明書、チラシ類等)を点字にかえる点訳ということをします。また、点字を広く知っていただくために福祉イベントや学校などでの点字教室もやっています。
 点字は六つの点の組み合わせですべての文字を書き表すことが可能ですが、点字特有の書き方のルールがあり、その技術の習得が必要となります。以前は一点一点コツコツと点訳をしていましたが、現在ではほとんどがパソコンでの点訳作業となっています。

戻る

情文トップへ戻る