社会福祉法人石川県視覚障害者協会

協会事業案内

図書館写真

点字図書館

 点字図書・録音図書の貸し出し
 点字図書・録音図書の製作・対面朗読
 シネマ・デイジーの製作・貸出
 会報・図書案内の発行
 詳しくはこちら

点字出版物写真

点字出版印刷

 広報、選挙公報、パンフレット、リーフレット等の点字・録音CD・拡大文字版の製作及び発送
 名刺・封筒等への点字刻印
 公共施設等点字サイン・音声案内の監修

ロービジョン相談写真

ロービジョン(弱視者)支援

 適正なめがねを着用しても見えにくい、視野が狭いなど日常生活において不便さを感じている方を対象に、拡大鏡、単眼鏡及び拡大読書器等の紹介や専門相談員による相談
 ルーペを約100種、単眼鏡・遮光レンズ・読書器をそれぞれ約10種準備
 詳しくはこちら

ITサポートセンター

 視覚障害者のICT機器(パソコン・スマホ等)の購入・利用における相談、技術援助を電話・メール・リモート(Zoom)等により支援
 毎月第1・第3日曜日(変更あり)に教室を開催
 自宅にITサポートボランティアを派遣(新型コロナウイルス感染防止の観点から停止中)

歩行訓練写真

相談・生活訓練

 センター内、または県内市町、自宅等での訪問訓練
 歩行訓練/コミュニケーション訓練(点字、パソコン、スマートフォン等)/日常生活訓練 など
 県内各市町役場等に出張し、福祉用具の体験、相談会(日程等はお問い合わせください)
 詳しくはこちら

用具写真

視覚障害者用用具の販売・斡旋

 生活に便利な各種用具をはじめ、便利グッズを展示・斡旋
 用具に関する相談や使い方の説明、補装具(白杖)、日常生活用具の給付に関する相談
 詳しくはこちら

フェスタ写真

イベント・教室の主催

 イベント・研修会・交流会
 フェスタ/カラオケ懇親会/バス旅行/音声ガイド付き映画鑑賞会/読書会/
 ICT機器(スマートフォン・スマートスピーカー等)体験会
 創作的活動や社会生活訓練・レクリエーションなどの教室
 点字/墨字/編物/歌謡/コーラス/社交ダンス/フォークダンス/健康/茶道/フラワーアレンジメント

講座写真

ボランティアの養成・研修

 視覚障害者支援のための各種ボランティア養成講座・研修会の実施
 音訳※/点訳※/映画音声ガイド※/ITサポート/生活支援
 ※年1会開催の養成講座を受講後、認定後に活動
 詳しくはこちら

学校訪問写真

理解啓発活動

 福祉教育機関への協力(講師派遣等)
 福祉体験・見学等の受け入れ

ソフトボール写真

障害者スポーツ活動

 障害者スポーツ体験会の開催、大会の主催、協力
 グラウンドソフトボール/サウンドテーブルテニス/フライングディスク

石川県視覚障害者協会の概要

目的

 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。

事業の内容

 (1)第二種社会福祉事業
  (イ)点字出版施設(石川県視覚障害者情報文化センター)の設置経営
  (ロ)点字図書館(石川県視覚障害者情報文化センター)の設置経営
  (ハ)視覚障害者の更生相談事業
 (2)その他法人の目的達成のため必要な事業

沿革

昭和3年 石川県盲人青年会を改め石川県盲人協会とする。
昭和16年 石川県盲人協会、石川県三療協会をあわせ、石川県盲人報国会を結成する。
昭和21年 石川県盲人協会を復帰する。
昭和23年 ヘレンケラーの来県を期に募金キャンペーンをし、金沢市白山町に愛盲会館を取得する。
昭和24年 財団法人石川県愛盲協会を設立。
昭和47年 財団法人石川県愛盲協会解散し、社会福祉法人石川県視覚障害者協会となる。本多町石川県社会福祉会館に石川県視覚障害者協会点字図書館設置。
昭和56年 白山町の愛盲会館を売却し、金沢市茨木町に石川県視覚障害者会館建設竣工。
平成9年 茨木町の視覚障害者会館を売却し、金沢市芳斉町に点字図書館と会館の機能をあわせた石川県視覚障害者情報文化センターを建設、視覚障害者の拠点とする。

定款・役員名簿等

 社会福祉法人石川県視覚障害者協会定款
 平成31年度石川県視覚障害者協会役員名簿
 社会福祉法人石川県視覚障害者協会役員等の報酬並びに費用に関する規定